自然出産 その3 三男・響渡(ひびと)誕生

0
    2014年7月25日 午前2時36分
    光海と奏流に見守られながら、三男・響渡(ひびと)が誕生しました。


    予定日を過ぎても、なかなか生まれる兆しはなく。。
    頼まれ仕事のために、光海は泊まりがけで遠出。2、3日で帰って来るから大丈夫だと思っていた。
    ところが、出かけた次の日の夜、おしるしが来て、陣痛らしき痛みが始まった。
    子供たちに「これからママは赤ちゃん産む準備するから、今は寝ててね」と言い聞かせ寝かしつけた。
    陣痛が定期的にやってき始めた。
    「一人で産んでみようかな。。」
    なんて考えも浮かんだが、やはりコレは家族行事。
    父親である光海が受け取ってくれてこそ、プライベート出産の意味があるのだ。
    電話をかけ、陣痛が来たことを告げた。

    産むための準備をして、スクワットの態勢を取る。重力の力でお産がスムーズに進むからだ。
    そして、痛みに向き合った。
    痛みではあるが、辛さと同時にワクワクするような気持ちになる。
    新しい命がもうすぐ生まれてくるのだ。
    三度めともなると勝手がわかり、出産を楽しむ余裕が出てくる。

    痛みが増し、痛みの間隔も狭くなってきた。
    気を紛らわそうと、ヒンドゥーの女神のマントラを唱えてみた。
    女神のパワーが力を貸してくれた気がした。更に痛みに向き合う。
    痛みを受け入れ、産む覚悟を決めるのが大切だと、二度の出産で学んだのだ。
    とは言え、痛いのなんの。。
    何度経験しても、痛いものは痛い。
    あまりの痛さに横になり、そのまま起き上がれなくなってしまった。

    そして、しばらくして光海が帰宅した。
    安心と新たなやる気で、何とか起き上がり
    四つん這いの態勢になった。
    しかし、痛みは凄まじく思わず叫んでしまう。
    騒々しさで奏流が目を覚ました。
    私のただならぬ様子に驚きながらも、抱っこをせがむ。
    「ママはこれから赤ちゃん産むから、いい子にしててね」となだめ、奏流の手を握ると、少し気分が落ち着いた。

    光海に子宮口を見てもらうと、まだ開いていないようだ。
    「しばらくかかりそうだな 、風呂の準備するか?」
    お風呂は、陣痛を和らげたり、お産の進行を助けてくれるのだ。
    お風呂の準備を頼み、奏流に見守られながら、痛みと向き合う。
    しばらくすると、いきみたくなってきた。
    子宮口はまだ開いていないようだから、何とか我慢するが、やはりいきんでしまう。
    すると、破水。羊水がいきおいよく流れ出てきた。
    いきみたい衝動がやってくる。。何とか逃がすが、やっぱりいきんでしまう。
    「もう無理だ〜いきんじゃえ〜」
    思わず、おもいっきりいきんでしまった。
    あれ、下りてきた気がする。。
    触ってみたら、頭が出る寸前のところまで来てるじゃないか!?
    「早く来て〜頭出てきた〜」
    風呂の準備をしていた光海を呼び出す。

    そして、光海が待ち構えた手に、新しい命が誕生した。
    大きな産声が響き渡った。

    小さな体を抱き、おっぱいを吸わせる。
    なかなか上手に吸えないが、すぐにコツをつかんで力強く吸い付いてくる。
    こうして、初乳を与えると同時に、子宮収縮を促して胎盤の排出を助けるのだ。
    胎盤が出てきたので、しばらくしてヘソの緒を切る。
    ヘソの緒は、干して乾かして、いつか子供が大病をした時に飲ませるといいらしい。

    大仕事を無事に終えて、赤ちゃんと眠りについた。。
    のも束の間、海月が目を覚ました。
    海月と赤ちゃんの対面。
    赤ちゃんの存在に少し戸惑っている様子だ。
    「海月の弟だよ、よろしくね」
    少しずつ赤ちゃんの存在を受け入れ、優しく頭を撫でてくれた。
    海月もお兄ちゃんになったのだ。

    家族で新しい命を迎え入れる事が出来て、本当によかったです。


    コメント
    更新してよー
    • 日本のUB40
    • 2014/11/30 4:00 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered