家族で日本海釣行 ホッケ大漁

0
    ホッケが爆釣との情報を聞きつけ、家族みんなで日本海へ。


    先週、奏流を保育所に預けて、嫁と海月と三人で向かったのだが。。
    山道で雪が降り始め、まさかのスピン!!!
    やむ無く断念したのだった。
    きっと、魚好きの奏流の思いが強かったのだろう。

    今回は、よりゆっくり運転を心がけ、まずは島牧に到着。
    アメマス釣りで慣れた場所だが、ホッケのポイントはわからず、右往左往。

    ネットで調べたポイントの弁慶岬に到着。


    しかし、家族で磯まで下りるには困難そうなので諦めて、寿都漁港へ。
    車が停めやすい場所で、撒き餌をして竿を出す。。。も、魚の気配なし。
    餌を撒きまくるが、まったく魚は集まらず。。

    弁当を食べて作戦会議。
    弁慶岬は、車で磯の近くまで下りられる道があるようなので、もう一度向かうことにした。
    ホームセンターを見つけ、イソメとオキアミを手に入れて準備万端。

    弁慶岬に戻り、車で下りれそうな道を探す。
    弁慶岬の駐車場より島牧側にそれらしき道を発見。
    下りて行くと、漁港が見えて来て、たくさんの車が停まっている。人もたくさん居る。
    ここは、釣れそうな気がする。期待が膨らむ。

    人が並んで爆釣している所の端に場所を取り、餌を撒き竿を出す。
    隣のおっちゃんは、入れ食い状態だ。
    その隣のおばちゃんも、その隣のおっちゃんも。。
    だが、俺の竿にはまったくあたりがない。
    待っても待っても、全然釣れない。。

    落ち込んでくる。。
    そんな俺をよそに、奏流は探検に出かけ、タコを見つけて自慢気。

    アンモナイトのような貝の中に入っていて、不思議なタコ(?)だった。

    餌を撒き続けるが、やはり釣れない。。
    見兼ねた隣のおっちゃんが
    「これ、あげるよ」
    と2匹恵んでくれた、その時!!!

    初ヒット!!!

    その後からは、続けてヒット!!

    おっちゃんの優しさで運が回って来たようだ。

    次々釣れる魚に奏流も海月も大興奮。

    サビキで2匹同時ヒット。


    釣れ出すと、撒き餌に魚が集まって来るのが、よく見える。
    嫁も5匹くらい釣った。子供でも小学生にあがるくらいになれば、釣れそうだ。
    サビキでも釣れるが、イソメをつけた方が食い付きがよかった。
    隣のおっちゃんはエビをつけていたし、マグロも餌持ちが良くていいらしい。

    夕方まで粘って、合計18匹となかなかの釣果。
    奏流は、自慢のタコを自ら海に返し
    「タコ、ばいば〜い。またね〜」
    と、名残惜しそうに海に手を振っていた。

    黒松内温泉で温まり、夕食はもちろんホッケ。煮付けにして食べた。
    ホッケは、干さないと美味しくないと思っていたが、新鮮なので美味しく頂いた。

    残りは、開いて干物に。
    干し網に収まりきらない程の大漁。


    食べ頃になるのが楽しみだ。

    コメント
    それってタコなの?もしや、凄い珍しい生物なんじゃ…
    • 日本のUB40
    • 2014/01/02 2:35 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered