鹿肉ハンバーグ

0
    鹿肉ハンバーグのレシピ


    鹿肉の前足 小1本
    身の部分をフードプロセッサーにかけ、スジを取り除く

    セロリ 1本
    にんじん 半本
    ニンニク 1片

    無添加コンソメ
    カレー粉
    パン粉
    日本酒

    マジョラム

    家族四人分をフライパンで焼いて



    ケチャップをかけて、いただきま〜す。

    カレー粉とマジョラムがいいアクセント。
    海月は人生初の鹿肉に興奮し過ぎて、大泣きの夜だった。。


    酵素ケーキ 2013秋

    0

      同僚の送別会の持ち寄りに、ケーキを焼いた。


      さくらんぼの酵素ジャム
      さつまいもの酒粕ペースト
      とナッツ類をサンドし、
      酵素さくらんぼをトッピング。

      さくらんぼジャムは、一度酵素にしているので味わい深いオトナの味。
      さつまいもペーストは、レモンを効かせたのがポイント。
      生地にも、ヨーグルトを入れて少々酸味を効かせつつ、発酵物スペシャルケーキの出来上がり♪


      小桑と山ぶどう

      0
        rps20131028_140343.jpg
        週末は、晴れ間を狙って家族で山へ。

        一日中頑張ったかいもあり、たくさんの小桑と山ぶどうが採れた。

        小桑はつるを見つけても、なかなか実がなっていない。しかも、繊細になっているのでそっと優しく採らないといけない。
        そんな見つけるのも採るのも難しい貴重な小桑。今回は、梅の実くらい大きなものも見つかり、ビンにいっぱいになるくらい採れて大満足だ。
        酵素ジュースにして、ジャムにしようと思う。今から完成が楽しみた。

        奏流も、あまりの美味しさに小桑をばくばく食べていた。すると、次の日おしりの穴を痒がっていた。
        小桑を食べ過ぎるとおしりの穴が痒くなるのは本当らしい(笑)

        山ぶどうも、たくさん採れたので、自宅とお裾分け以上のジュースが作れそうだ。






        山ぶどう酵素ジュース

        0
          rps20131022_114322.jpg
          秋の恒例行事、山ぶどう採り。
          今年も山の宝石たちをたくさん見つけた。

          まずは、砂糖に漬けて酵素ジュースに。

          ★山ぶどう酵素ジュースのレシピ★
          山ぶどう(実の部分) 2キロ
          砂糖(ザラメ使用) まずは500グラム

          とりあえず、表面が隠れるくらいの砂糖を入れ、様子を見ながら足していく。
          生き物なので、いつも一緒とは限らないのだ。

          酵素はひそひそと繁殖し、舌にもカラダにもおいしいジュースへと育っていく。



          家族での山ぶどう採りも3年め。
          1年めは、今の海月と同じくらいの奏流を背負った嫁と一緒に必死で採ったものだ。
          究極にビンボーで、山ぶどうジュースを売ってお金にしようと企んだのだ。
          高切り枝バサミを買う余裕などなく、危険承知で木に上り蔦を引っ張り、落ちそうになりながら、一生懸命採った。
          「これもイイ思い出になるよ」と言いながら、寒い日にも家族で出かけた。

          そんな日々が懐かしい。
          今は、高切り枝バサミで自宅用と親戚友人にお裾分けする分くらいを、楽しみながら採ればいい。
          今も、決して裕福ではない…どころか、まだまだビンボーだが、確かにレベルアップ出来ている。

          下からしか見えない景色がある。
          あのどん底を経験したからこそ、今があるのだ。


          サクラマスづくし

          0
            rps20130706_140928.jpg
            釣り上げた“でかサクラマス”の半身を贅沢に使って

            ★刺身(虫対策に一度冷凍してから解凍)

            ★あら汁(大根、にんじん、じゃがいもを入れて三平汁風)

            ★唐揚げ

            ★ホイル焼き(肝と身を玉ねぎとしめじと一緒に)

            サクラマスの刺身は初めて食べたが、脂がのっていてとろサーモン並のウマさ!!
            あら汁は、だしが出まくりで、旨味を吸った野菜たちもウマいのなんの。。
            肝は臭みもなく濃厚な味わい。新鮮だからこその珍味だ。

            サクラマスを贅沢に思う存分堪能!!!

            ますこは醤油漬けにして、食べ頃待ち。
            残りの半身は干したので、何にして食べようかな。。

            梅であれこれ仕込み

            0
              rps20130613_113230.jpg
              嫁の実家から、大量の梅が届いた。

              大きな青梅は、酵素ジュースと梅酒に。
              小さな完熟梅は、一部熟し過ぎたものは酵素ジュースにして、残りは梅干しするために梅漬けに。

              酵素ジュースは、一週間ほど毎日かき混ぜてあげるのがポイントだ。
              糖分と空気をエサに、ブクブク元気に活性していく姿は、まるで生き物。
              さて、今回の酵素ちゃんは元気に育ってくれるかな。。

              ちなみに、レシピは大まかにこんな感じ。

              ★青梅酵素ジュース★
              青梅 1.7キロ
              ザラメ 1.7キロ

              ★完熟梅酵素ジュース★
              完熟梅 600グラム
              ザラメ 600グラム


              ★梅酒★
              青梅 1キロ
              ザラメ 600グラム
              黒糖焼酎(30度) 一升

              ★梅漬け★
              完熟梅 1.5キロ
              天然塩 220グラム

              梅を仕込む間、台所は梅の甘い香りが漂っている。
              ちょうど仕込み時に収穫してくれたから、やはり香りが違う。
              買った梅では、こうはいかないだろう。

              俺たちのために、梅落とししてくれた嫁の母と叔母に感謝。

              美味しく仕上がりますように。。

              鹿の足と犬と涙

              0
                rps20130507_174956.jpg
                今夜の晩御飯の鹿の足。

                ご馳走を目の前にして、うぽぽは大興奮。

                写真は、うぽぽに泣かされた奏流

                キトピロ採り

                0
                  rps20130423_211619.jpg
                  キトピロを採りに急な崖を登る。

                  崖の上で欲を出すと命を落とす事になる。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  31      
                  << December 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered